Home > HSP | HSP3Dish | お知らせ | ダウンロード | 未分類 > HSP3.6RC1を公開しました

HSP3.6RC1を公開しました

最新版のHSPアップデートに向けたリリース候補版フルセット、HSP3.6RC1を公開しました。
現在公開されているHSP3.51と同様に使うことのできるフルセット版となります。

HSP3.6RC1は、スマートフォンやWeb向け開発環境HSP3Dishを含む最新のアップデートとなります。(差分アップデートではなく、フルセット版です)。
HSP3.51から大幅な仕様の変更はなく、上位互換として動作する形で、最新の不具合修正と各種機能の追加が行なわれています。詳しい情報については、HSP3.6 新機能ハイライト をご覧ください。

HSP3.6RC1版(zipアーカイブ)

  hsp36rc1.zip (78.6 MiB)

※注意
β版は、新規の機能や修正を検証するためのテストバージョンです。思わぬ不具合の可能性もあることをご了承下さい。不具合が起こる場合や、動作が安定しない時は、以前のバージョンに戻して使用することを推奨します。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

HSP3.6RC1では、HSP3.6β5版から主に以下の機能拡充と不具合の修正を行なっています。

  • [HGIMG4] 3Dモデルの階層情報を取得するgpnodeinfo命令を追加
  • [HSP3Dish] 標準スプライトのes_setparent命令を実装
  • スクリプトエディタのユーザー色分け設定がラベルに反映されない不具合を修正
  • β2版でmouse命令の動作が過去のものと異なっていたのを修正、ヘルプに追記
  • [HGIMG4][Windows] gpreset命令実行時のメモリリークを修正
  • [HGIMG4][Windows] β5版でウインドウアイコンが表示されない不具合を修正
  • [HGIMG4][Windows] β5版でフルスクリーンの指定が動作しない不具合を修正
  • [HSP3Dish] 標準スプライトで自動回転・ズームを行うためのes_arot命令を追加
  • [HSP3Dish] 標準スプライトのes_fade命令にαチャンネルのフェード機能を追加
  • [HSP3Dish] 標準スプライトのes_draw命令がstatに値を返すように修正
  • [hspext] dirlist2命令の戻り値(ファイル数)が少なくなる不具合を修正
  • [hsp3utf] プラグインに渡されるBMSCR構造体のサイズが一部ずれていた不具合を修正
  • hsedsdkのサービス、HspFunc_getobj/HspFunc_setobjのオブジェクトID範囲チェックを追加
  • noteadd命令に4094文字以上の文字列を指定した際に不安定になる不具合を修正
  • 実行ファイル作成時にコマンドライン引数に余計なスペースが入る不具合を修正
  • 拡張プラグインを使用した際の終了時にエラーイベントが記録される不具合を修正
  • [hspinet] リクエストに関する文字列の長さ制限を撤廃
  • Windows版のHSP3,HSP3CL,HSP3Dishでdirinfo,sysinfoが同じ仕様になるように修正
  • Linux/RaspberryPi版のスクリプトエディタにF1キー(ワンキーヘルプ)の機能を追加
  • #comoptにより未初期化変数エラーを有効にした際に標準のプラグインやモジュールでエラーが出るものを修正
  • [HGIMG4] β5版でオブジェクトのレンダリンググループ設定が正しく反映されていなかった不具合を修正
  • [HGIMG4] β5版でモデル形状のコリジョンを使用した際にノード座標が取得できなくなる不具合を修正
  • [HSP3Dish][Windows] celbitmap命令の描画画面読み出しに失敗することがある不具合を修正
  • [HGIMG4][Windows] アプリ終了時にエラーが発生することがある不具合を修正

開発中の最新版は、OneDriveでも公開されています。「ダウンロード」から全体のアーカイブ(hsp36betaフォルダの内容)を取得可能です。

HSP3.6β版(OneDrive)のページを開く
https://onedrive.live.com/embed?cid=EC425522ED849DA7&resid=EC425522ED849DA7%211229&authkey=AB-pNztAqBp6BcU

最新版のマニュアルはオンラインでも閲覧頂けます。こちらからどうぞ。

HSP3.6オンラインマニュアル・総合インデックス

インストール方法

アーカイブに含まれる「hsp36」フォルダを、ハードディスクに展開してご使用ください(推奨パスは「C:\hsp36」になります)。β版は、HSP3.51リリース版と共存させることが可能です。HSP3.51リリース版がインストールされているフォルダ(通常は、「C:\hsp35」になります)に上書きしないよう注意してください。(HSP3.6β版の各種設定は、既存のHSP3.5とも共有されます。)
hsp36フォルダ以下にあるスクリプトエディタ(hsed3.exe)を始めとする各種ツールを使用して、3.6版の機能を利用することができます。
(以前のβ版を使用している方は、古い「hsp36beta」フォルダを削除した後に、再度コピーを行なってください)

なお、Linux/Raspberry Pi版の最新版は、こちらのページで公開しています。
(→Linux/Raspberry Piの紹介ページ)

Related posts:

  1. HSP3.6β5を公開しました
  2. HSP3.6β4を公開しました
  3. HSP3.6β2を公開しました
  4. HSP3.6β1を公開しました
  5. HSP3.6β3を公開しました

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://www.onionsoft.net/wp/archives/3454/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
HSP3.6RC1を公開しました from おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき

Home > HSP | HSP3Dish | お知らせ | ダウンロード | 未分類 > HSP3.6RC1を公開しました

Search
Feeds
Meta

Return to page top