Home > HSP | HSP3Dish | お知らせ | ダウンロード > HSP3.7β4を公開しました

HSP3.7β4を公開しました

HSP3.7β4を公開しました

最新版のHSPフルセットに向けたテスト版、HSP3.7β4を公開しました。
現在公開されているHSP3.6と同様に使うことのできる一般向け公開テストバージョンとなります。

HSP3.7β4は、マルチプラットフォーム向け開発環境HSP3Dishを含む「フルセット版」と、Windows上の開発セットのみを含む「Windows開発版」の2つのパッケージが用意されています。「Windows開発版」は、「フルセット版」からandroid,iOS,html5(WebGL)等のランタイムを削除してサイズを削減したものです。
HSP3.6から大幅な仕様の変更はなく、上位互換として動作する形で、最新の不具合修正と各種機能の追加が行なわれています。詳しい情報については、アップデートガイド をご覧ください。
※注意
β版は、新規の機能や修正を検証するためのテストバージョンです。思わぬ不具合の可能性もあることをご了承下さい。不具合が起こる場合や、動作が安定しない時は、以前のバージョンに戻して使用することを推奨します。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

HSP3.7β4 フルセット版(zipアーカイブ)

  hsp37b4.zip (125.8 MiB)

HSP3.7β4 Windows開発版(zipアーカイブ)

  hsp37b4le.zip (69.9 MiB)

インストール方法

アーカイブに含まれる「hsp37beta」フォルダを、ハードディスクに展開してご使用ください。(推奨パスは「C:\hsp37beta」になります)
β版は、HSP3.6リリース版と共存させることが可能です。HSP3.6リリース版がインストールされているフォルダ(通常は、「C:\hsp36」になります)以外に配置して(上書きしないで)ご利用ください。(HSP3.7β版の各種設定は、既存のHSP3.6とも共有されます。)
hsp37betaフォルダ以下にあるスクリプトエディタ(hsed3.exe)を始めとする各種ツールを使用して、3.7β版の機能を利用することができます。
(以前のβ版を使用している方は、古い「hsp37beta」フォルダを削除した後に、再度コピーを行なってください)

開発中の最新版は、OneDriveでも公開されています。「ダウンロード」から全体のアーカイブ(hsp37betaフォルダの内容)を取得可能です。

HSP3.7β版(OneDrive)のページを開く
https://onedrive.live.com/embed?cid=EC425522ED849DA7&resid=EC425522ED849DA7%211229&authkey=AB-pNztAqBp6BcU

最新版のマニュアルはオンラインでも閲覧頂けます。こちらからどうぞ。

HSP3.7オンラインマニュアル・総合インデックス

※HSP3.7β4版からHGIMG4の処理最適化のため2D描画が使用するシェーダーパラメーターが変更になっている部分があります。既に独自のカスタムシェーダーを作成されている方は、こちらの点にご注意ください

以前のバージョンから更新された内容は以下の通りです。

2022/12/01 3.7 beta4
hspoggプラグインの.oggファイル再生をオンメモリに切り替えpackfileに対応
celload命令のパラメーターに既存の画像を再利用するオプションを追加
mmload命令でメモリストリームからの読み込みに失敗することがある不具合を修正
noteadd命令の引数でnotefind関数を使用した場合に書き込み内容が壊れる不具合を修正
mes/print命令による表示が1023文字で強制的に改行される不具合を修正
[HSP3Dish] mes/print命令の改行処理が標準ランタイムと異なる不具合を修正
[HSP3Dish] 使用するテクスチャの上限数が512までだった制限を撤廃
[HSP3Dish][hsp3js] 連続する空白を含む文字列表示の横幅がずれる不具合を修正(zakki)
[HSP3Dish][Windows] input命令で一部の記号入力が反映されなかった不具合を修正
[HSP3Dish][Windows] screen命令によるサイズ変更でウインドウの入力が反映されなくなる不具合を修正
[HSP3Dish][Windows] mes/print命令の空白に不要なピクセルが含まれる不具合を修正
[HGIMG4] クローンされたノードが半透明表示できなかった不具合を修正
[HGIMG4] ヘルプに記載されたgpsetprmon/gpsetprmoff命令が使用できなかった不具合を修正
[HGIMG4] event_pos命令の補間オプションでデフォルト値がHGIMG3と異なる(リニア)だった不具合を修正
[HGIMG4] gpdraw命令に物理オブジェクトのデバッグ表示を行うオプションを追加
[HGIMG4] gpnodeinfo命令にノードのマテリアル情報を取得するオプションを追加
[HGIMG4] resフォルダ以下のテクスチャ読み込みに失敗した場合カレントフォルダも参照するように修正
[HGIMG4] gpbconvツールのプレビュー機能を実装
[HGIMG4] gpbconvツールに別ファイルアニメーションの参照機能を追加
[HGIMG4] gameplay-encoderのUTF8ノード名を正しく表示するように修正
[HGIMG4] gameplay-encoderのマテリアル名補正オプション(-u)を追加
[HGIMG4] FBXから.gpbファイルの変換時に基本のブレンド設定を出力するように修正
[HGIMG4] FBXから.gpbファイルの変換時にマテリアルのDiffuse,Ambient色が黒の場合でも出力するように修正
[HGIMG4] setalpha命令の透明度が3Dモデルに正しく反映されない不具合を修正
[HGIMG4] gpmatprm16命令でマトリクスパラメーターが正しく設定されない不具合を修正
[HGIMG4] テクスチャのUVオフセット/リピート指定のためのgpmatprm2命令を追加
[HGIMG4] 任意のテクスチャマテリアルをシェーダーパラメーターとして設定するgpmatprmp命令を追加
[HGIMG4] マテリアル生成オプションにGPOBJ_MATOPT_UVOFFSET,GPOBJ_MATOPT_UVREPEATを追加
[HGIMG4] オフスクリーンのスプライト描画時のために解像度を再設定するes_screen命令を追加
[HGIMG4] setobjlight命令でライトが反映されないモデルがある不具合を修正
[HGIMG4] シェーダーソース(.frag/.vert)の先頭にある#versionディレクティブを維持するように修正
[HGIMG4][Windows] カレントフォルダ移動時にもシェーダーファイルが正しく参照されるように修正

Related posts:

  1. HSP3.7β2を公開しました
  2. HSP3.7β3を公開しました
  3. HSP3.7β1を公開しました
  4. HSP3.6β5を公開しました
  5. HSP3.6RC1を公開しました

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://www.onionsoft.net/wp/archives/3609/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
HSP3.7β4を公開しました from おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき

Home > HSP | HSP3Dish | お知らせ | ダウンロード > HSP3.7β4を公開しました

Search
Feeds
Meta

Return to page top