Home > レトロゲーム

レトロゲーム Archive

次回のOBSLiveは9/27(金)、スタジオゲストは、ドットニャン(小野 浩さん、佐宗 綾子さん)のお2人。ナムコのアーケード基板設計者・石村繁一氏インタビューをお届け

2019年9月のOBSLive放送は、9月27日 (金曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
金曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
2019年から、YouTube Live、ニコ生での配信となっています。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=zFJSWDPjNE0 (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv322056643 (ニコニコ生放送)

今回のOBSLiveでは、今年で40周年を迎える伝説のゲーム「ギャラクシアン」を始めとして多くのタイトルを手掛けた技術者であり、元ナムコ代表取締役社長を務めた石村繁一氏のインタビューをお届けします。
ビデオゲームの分野で次々に革新的な技術を生み出していた黎明期のナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)において、ハードウェアの設計を担当した中心人物であり、映像やサウンドでその後のゲーム産業に大きな影響を与えた石村氏に、OBSLiveならではの視点で、他で聞けない深い話をたっぷりと伺っていきます。

さらにスタジオゲストには、ミスタードットマンこと小野 浩さんと、ゲームミュージック作曲家の佐宗 綾子さんのコラボブランド「DOTNYAN(ドットニャン)」を立ち上げたお2人にお越し頂きます。
「DOTNYAN(ドットニャン)」の最新情報をお聞きするとともに、「ギャラクシアン」シリーズ、「ゼビウス」「マッピー」などのナムコ作品でドット絵を手掛けたおなじみの小野 Mr.Dotman 浩さんに、当時の話も聞いていきますのでどうぞお楽しみに!

おなじみのレトロゲーム、ガジェット・グルメコーナーなどレギュラーコーナーも含めて盛りだくさんな内容でお届けします。そしてもちろん、豪華プレゼントコーナーもありますので、当日の生放送をどうぞお楽しみに!

前回放送した、横町 藍(あいちぃ)さんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは6/25(火)、「インベーダーハウス2018」特集。スタジオゲストは大堀康祐さん、見城こうじさん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年6月のOBSLive放送は、6月25日 (火曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
火曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
2019年から、YouTube Live、ニコ生での配信となっています。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=svtmVDH5FXU (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv320636816 (ニコニコ生放送)

前回に続き、昨年8月に秋葉原で開催されたイベント「インベーダーハウス2018」を特集してお送りします。
ファンの熱気溢れる会場内で開催された大堀康祐氏によるトークショーや、当時のスペースインベーダー亜流品など、他では見ることのできない貴重な映像をお届けします!


Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは5/30(木)、「インベーダーハウス2018」特集。スタジオゲストは外山雄一(株式会社タイトー)さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年5月のOBSLive放送は、5月30日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
今年から、YouTube Live、ニコ生での配信となります。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=bXlBtbyD-k4 (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv320233726 (ニコニコ生放送)

特集ビデオでは、昨年8月に秋葉原で開催されたイベント「インベーダーハウス2018」の模様をダイジェストでお送りします。
40周年を迎えたスペースインベーダーの開発者である西角友宏氏と、そのサウンド基板を開発した亀井道行氏が登場したトークショーなど、当日の熱気が伝わってくる貴重な映像をお届けします。


Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

ゲームレジェンドにNARC持ち込み

1年ぶりの参加となるレトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド30」でアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)

今回は1988年の「NARC(ナーク)」(Williams Electronics Games)アップライト筐体を設置しました。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは3/29(金)、スタジオゲストは「シンゾウアプリ」をリリースした株式会社125の鈴木 達也さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年3月のOBSLive放送は、3月29日 (金曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
金曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
2019年から、YouTube Live、ニコ生での配信となっています。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=2fSgdCW-R0w (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv319166020 (ニコニコ生放送)

今回のOBSLiveでは、スタジオゲストとして株式会社125代表取締役の鈴木 達也さんにお越し頂きます。iOS/android向けアプリ、声と鼓動のインタラクティブ・ノベル「シンゾウアプリ」をリリースしたばかりの鈴木さんは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「無限回廊」シリーズや、「anywhereVR」(ソニー・ミュージックエンタテインメント)など斬新でエキサイティングなゲーム体験を数多く手掛けてきた注目のゲームプロデューサーです。話題の新作をリリースした鈴木 達也さんに、OBSLiveならではの視点を様々なお話を伺いますので、どうぞお楽しみに!

番組の特集では、OBS Game Researchと題して、過去に作られた斬新なゲームや、歴史的なタイトルを紹介しつつ、新しい価値を発見する新シリーズ企画を紹介していきます。何が登場するか、新しいゲームと古いゲームが交錯する3月のOBSLiveも注目です。

もちろん、レギュラーコーナーのガジェット紹介、基板大好き、グルメコーナー、さらに豪華な視聴者プレゼントと内容も盛りだくさん。当日の生放送をどうぞお見逃しなく!

前回放送した、SAK.さんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=N1B-VJ0bsnk

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 2
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは1/31(木)、「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」「魅惑のデータイースト」特集。スタジオゲストは佐久間晶さん、伊井俊一さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年1月のOBSLive放送は、1月31日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
新年第1回の放送となります。今年から、YouTube Live、ニコ生での配信となります。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=CQrCznuaDuM (YouTube Live)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv318139077 (ニコニコ生放送)

特集ビデオでは、ゲーム企画展「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」を特集してお送りします。「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」は埼玉県“SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ”内の映像ミュージアムで開催中の企画展です。充実した展示内容を、会場の映像とともにたっぷり紹介していきます。

さらに、もう1つの「魅惑のデータイースト」特集では、かつて存在した伝説のゲームメーカー、データイースト株式会社(DECO)の作品について取り上げます。
スタジオには、データイーストで数多くの作品を手掛けた、佐久間晶さん 伊井俊一さんをお呼びして生で色々なお話を伺います。
「ZAVIGA」「B-WING」などの硬派なアーケード作品を手掛けた技術者の佐久間晶さんと、「チェルノブ」「トリオ・ザ・パンチ」などの特徴的な作品を手掛けた企画者の伊井俊一さんに、OBSLiveならではの視点でたっぷりと「デコゲー」を掘り下げていきますのでお楽しみに。

もちろん、レギュラーコーナーのガジェット紹介、基板大好き、グルメコーナー、さらに豪華な視聴者プレゼントと内容も盛りだくさん。当日の生放送をどうぞお見逃しなく!

前回放送した、古代祐三さん、神たまさんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=4Faeu-S9HwA

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは12/20(木)、古代祐三さん、神たまさんを迎えて年末スペシャルを放送

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年12月のOBSLive放送は、12月20日(木曜日)の20:00から以下のURLで行ないます。
※平日の、木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/255131 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv317387231 (ニコニコ生放送)

毎年恒例となっている年末のOBSLive年忘れ生放送、2018年最後のスタジオゲストは、おなじみの神たまさんと古代祐三さんをお迎えしてお届けします。
ゲームミュージックコンポーザーとして、現在も活躍中の古代祐三さんは、かつて「FM音源ドライバーズサミット 」でも神たまさんと共演し、「OBSLive 2013年5月放送」出演でも大きな話題となりました。いよいよ2018年末、満を持してOBSLiveに登場! これは何かが起こります!

謎の映像の意味は…? 数々の伝説を打ち立てたゲストによる、今年最後の「古代祭り」をぜひその目でお確かめください!
もちろん、スタジオからお届けするレギュラーコーナー、視聴者プレゼントなどもありますのでご期待ください。豪華にお届けする年末のOBSLiveをお見逃しなく!

前回、11月に放送した柳井政和さんゲストの録画も以下のURLで公開中です。
まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://freshlive.tv/obslive/250898

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは11/1(木)、スタジオゲストは、岸本好弘(KISSY)さん。パックマンの岩谷 徹氏インタビュー後編をお届け

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年10月のOBSLive放送は、11月1日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/245427 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv316558566 (ニコニコ生放送)

特集のビデオでは、7月のOBSLiveで放送した、東京工芸大学教授の岩谷徹氏インタビュー後編をお届けします。
岩谷氏は、「ジービー」「パックマン」「リブルラブル」などを手掛けた、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の黎明期から活躍されていた、世界的に有名なゲームデザイナーです。前回に引き続き、OBSLiveならではの貴重なインタビューをたっぷとりお伝えします。


スタジオゲストには、同じく元ナムコでファミスタの父としても有名な岸本好弘(KISSY)さんにお越し頂きます。
DiGRAJ学会にて「ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用」を発表するなど、ゲームの歴史アーカイブにも貢献されている岸本氏に、たっぷりとお話を伺います。

おなじみのレトロゲーム、ガジェット・グルメコーナーなどレギュラーコーナーも含めて盛りだくさんな内容でお届けします。そしてもちろん、豪華プレゼントコーナーもありますので、当日の生放送をどうぞお楽しみに!

前回放送した、BETTA FLASHのTAMAYOさん、Cyuaさんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://freshlive.tv/obslive/236588

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

「インベーダーハウス2018」を開催しました

2018年8月18日に、スペースインベーダーのファンイベント「インベーダーハウス2018」を開催しました。OBSLive/基板大好き主催で1日だけ東京・秋葉原で「インベーダーハウス」を復活させるという趣旨のイベントです。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 1

ゲームレジェンドにアサルト持ち込み

レトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド28」に参加をしてアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)
前回は70年代の古いゲームだったのですが、今回はぐっと時代が進んで1988年の「アサルト(ASSAULT)」(ナムコ)アップライト筐体を設置してみました。(と言っても30年前のゲームですが…。)

2本のレバーでタンクを操作して、ダイナミックに回転拡大する画面の中で敵を倒しながら進んでいく未来感あふれるシューティングゲームです。ナムコ(現・株式会社バンダイナムコアミューズメント)がアーケード向けにリリースしたもので、大河原邦男氏によるメカデザインをミニチュアモデルで製作し、広報イメージに使用するなど意欲的な試みが多く見られます。

日本国内では、座って遊ぶテーブル筐体やコンソレット筐体などで稼働していましたが、今回持ち込んだのは、米国内で(ライセンスを得て)発売されていたアタリゲームズ版のアップライト筐体です。縦画面を生かしたスリムな筐体で、日本のものとは違った魅力があります。今回ブースが隣だったBEEPさんが「テンペスト」を設置していたので、ちょうどアタリブランドの筐体が2つ並ぶことになりました。

アサルトが登場した1988年は、日本が得意とするスプライトハードウェアの円熟期であり、「パワードリフト」(セガ)、グラディウスII(コナミ)、大魔界村(カプコン)など多くの人気タイトルがアーケードに登場していた時期でもあります。
画面に表示させるオブジェクト(画像)を高速に描画するための仕組みがスプライトなのですが、それまでも画像の拡大と縮小は実現されていました。そこに回転を組み合わせた最初期のシステムになります。(家庭用ゲーム機では、スーパーファミコンがいち早く回転機能を搭載していましたが、「アサルト」は、その2年前に登場しています。ちなみに、ハードウェアで画像回転を実現したのは、「チューブパニック」(日本物産・1984)が最初だと思われます。)
これにより、360度自由に自機の方向を動かしながら(実際は背景の方が回転しますが)、弾を撃つという独自のシューティングに仕上がっています。

「アサルト」が動いていたシステム基板「ナムコSYSTEM II」は、非常に贅沢な作りをしていて、サウンド関係のハードウェアも力が入っていました。高価なFM音源のYM2151に加えて、独自開発した24chのPCM音源(C140)を搭載し、当時としては異例なほど豪華な性能を持っていました。日本のゲームが世界を席巻し、バブル景気でもあった当時の勢いを感じます。
このゲームでサウンドを担当していたのが、細江慎治(めがてん)氏と、野口和雄(サンダー)氏で、個性的かつクールなゲームミュージックは今なお多くのファンに支持されています。
ちょうど当日、スーパースィープブースに来ていた細江氏にお願いして、その場でマーキーにサインを入れて頂きました、ありがとうございます!

細江氏にゲームを遊んでもらいながら話をしていたのですが。

おにたま 「この筐体を見たことは…?」

細江氏 「初めて見たかも!」

おにたま 「えっ…」

おにたま 「1面クリアするまで音楽が鳴らないのはなぜ…?」

細江氏 「うーん何だろう…演出かなぁ?」

おにたま 「えっ…」

あまり細かいことは覚えていない様子…。
いやしかし、音楽が素晴らしいことは変わりないので、ぜひチェックしてみてください。

最後に恒例となった、当日の最終的なハイスコアを掲載しておきます。

恐ろしいことに、日本とは違う操作レバーでプレイスタイルも違うはずなのに、初プレイでエンディングまで到達するプレイヤーが現れたりして、プレイヤー層の厚さを感じました。
ブースにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後また機会があれば、展示を行なっていきたいと思います。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

ホーム > レトロゲーム

Search
Feeds
Meta

Return to page top