Home > レトロゲーム

レトロゲーム Archive

ゲームレジェンドにNARC持ち込み

1年ぶりの参加となるレトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド30」でアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)

今回は1988年の「NARC(ナーク)」(Williams Electronics Games)アップライト筐体を設置しました。

日本では、ほとんど知られていないゲームですが海外では人気が高く、アーケードから始まって、NES(ファミコン)、コモドール64、Amigaなどの家庭用マシンにも移植され、液晶(LCD)ゲームにもなっています。
ごく少数は日本国内にも輸入され、タイトーが販売を検討していたようですが結局広く国内発売されることはありませんでした。というのも、バイオレンス色が強く国によっては販売が差し止めになるような過激な内容であること、筐体の大きさやシステムの価格など懸念される要素が多すぎだったのです…。

プロジェクトNARCと呼ばれる組織に任命されたMax Force と Hit Manと呼ばれる麻薬捜査官になり、地下麻薬密売とテロ組織のボスであるMr.ビッグを逮捕することがゲームの目的です。行く手には、麻薬中毒者(ジャンキー)、麻薬の売人、番犬などが襲ってくるため、応戦しながらボスのいる場所まで進まなければなりません。

銃を撃ちながら横に進んで行くサイドビューアクションで、「かがむ」「ジャンプ」「マシンガン」「ロケットランチャー」という4つのボタンを駆使して戦います。このプレイヤー、麻薬捜査官なのであくまでも悪い奴らを逮捕することが目的なのです…が、敵はすでにジャンキーや売人という凶悪犯なので撃ち殺しても構わないという理由で正義の弾丸をガンガン撃ち込みます…。一応、敵と接触して一定時間が経つと「逮捕」をすることができますが、大量の敵に囲まれてしまうことが多いため、どうしても撃ち殺す必要が出てきます。(ステージクリア時に支給されるボーナスは「逮捕」した数に応じて高くなるので、高得点を得るためには「逮捕」がカギにはなります。)

ゲームのシステム的には、それまでアメリカで人気が高かった、「ダブルドラゴン」「魂斗羅」といったゲームの要素を入れた進化系と言えるものでしたが、予想の上を行く破壊と殺戮のオンパレードで何が正義だかわからなくなるスーパーバイオレンスアクションゲーム、それが「NARC」なのです。

このゲームは、アメリカのウイリアムズ社(Williams Electronics Games)によって開発されたものですが、この時代は多くのゲームが日本製でキャラクターや背景など、ゲームの絵作りは人が1つ1つの点を描く「ドット絵」と呼ばれる職人技で作られていました。それに対して「NARC」では、ほぼすべての画像がデジタイズ(Digitized Sprites)技術によって作られています。これは、実際の人やモデルをカメラで撮影した映像をコンピューターに取り込んで使用するというもので、この技術を広範囲に使用した最初期のゲームだと思われます。

「ローリングサンダー」「魂斗羅」など、人を銃撃して倒すゲームはそれまでもありましたが、ドット絵として描かれた記号的な表現に留まっていました。ところが、「NARC」では高解像度でリアルな等身の実写映像を次々に撃ち殺し、ロケットランチャーでは人の手足が吹き飛んで散らばるなど、衝撃的な表現が随所に見られます。これが、「NARC」が支持された理由でもあり、新しい時代を切り開いた点と言えます。その後、アメリカでは実写を使ったゲームとして「ピットファイター」「モータルコンバット」などのヒット作が生まれますが、その分野を開拓した歴史的ゲームではないかと思います。

ドラッグとバイオレンスという、まさにアメリカらしい内容ですが、恐ろしいことに「NARC」は、アメリカのアミューズメントマシン協会(AAMA)がFBIと協力して行った麻薬撲滅キャンペーン「Winners Don’t Use Drugs」スローガンの先鞭を切ったゲームで、アメリカ政府が認める麻薬撲滅ゲームとなっています。まさにドラッグの危険を伝えるドラッグ級のゲームなのです。
あ、人はいくら撃っても問題ないですが、登場する犬は撃っても子犬になるだけで死にません。このあたりも動物愛護に溢れた(?)アメリカらしい点です。

「NARC」は、1988年にアメリカのAMOA Expo(アーケードゲームの見本市)で発表され、翌1989年初旬に出荷が開始されました。古くからピンボールを製造している老舗メーカーであるウイリアムズ社(Williams Electronics Games)が、1987年にWMS Industriesというグループの1部門となってから発売する初めてのビデオゲームということで、非常に力の入ったものに仕上がっています。
もともとピンボールの技術者として仕事をしていたEugene Jarvis氏が開発した、「Defender」「Robotron: 2084」といったビデオゲームをウイリアムズ社が発売し、80年代前半に大ヒットとなった経緯があったのですが、1984年以降はピンボール中心の製造に戻っていきました。

「Defender」「Robotron: 2084」は、日本のビデオゲームにはない刺激的な表現、爽快感が支持されていました。その開発の中心となっていたEugene Jarvis氏が再びビデオゲームに戻ってきて、製作を指揮したのが「NARC」でした。結果、アメリカンなビデオゲームの進化系とも言うべきスタイルが完成したのです。(Eugene Jarvis氏はその後「Smash T.V.」「Cruis’n USA」などの作品に関わった後、Raw Thrills社を設立し現在もアーケードゲームを手掛けています。)

ハードウェアも非常に洗練されていて、世界初のグラフィック統合チップTMS34010を最初に採用したアーケードゲームとなっています。このチップは、32bitのCPUとGPUを統合したもので、32bitCPUの採用としてもアーケード最初期のものになります。(詳しくは、「基板大好きNARC編」をご覧ください。)
実写を取り込んだイメージを格納するため、大量のROMを搭載したシステムはWilliams Z-Unitと呼ばれており、筐体を開けて出てくる基板のサイズに圧倒されます。

今回は、アーケードのキャビネットだけでなくゲームセンターのジオラマに、ミニチュアのNARCキャビネットをセットして展示していました。オリジナルで製作されたもので、こちらも要注目です。

最後に、当日のハイスコアを掲載しておきます。

実は、2人の協力プレイでゲームのラスボスまで到達し、イベント閉会の直前にクリアするという偉業が達成されました。ギャラリーからも拍手が沸き起こり、盛大なフィナーレとなりました。

ブースにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後また機会があれば、展示を行なっていきたいと思います。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは3/29(金)、スタジオゲストは「シンゾウアプリ」をリリースした株式会社125の鈴木 達也さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年3月のOBSLive放送は、3月29日 (金曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
金曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
2019年から、YouTube Live、ニコ生での配信となっています。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=2fSgdCW-R0w (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv319166020 (ニコニコ生放送)

今回のOBSLiveでは、スタジオゲストとして株式会社125代表取締役の鈴木 達也さんにお越し頂きます。iOS/android向けアプリ、声と鼓動のインタラクティブ・ノベル「シンゾウアプリ」をリリースしたばかりの鈴木さんは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「無限回廊」シリーズや、「anywhereVR」(ソニー・ミュージックエンタテインメント)など斬新でエキサイティングなゲーム体験を数多く手掛けてきた注目のゲームプロデューサーです。話題の新作をリリースした鈴木 達也さんに、OBSLiveならではの視点を様々なお話を伺いますので、どうぞお楽しみに!

番組の特集では、OBS Game Researchと題して、過去に作られた斬新なゲームや、歴史的なタイトルを紹介しつつ、新しい価値を発見する新シリーズ企画を紹介していきます。何が登場するか、新しいゲームと古いゲームが交錯する3月のOBSLiveも注目です。

もちろん、レギュラーコーナーのガジェット紹介、基板大好き、グルメコーナー、さらに豪華な視聴者プレゼントと内容も盛りだくさん。当日の生放送をどうぞお見逃しなく!

前回放送した、SAK.さんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=N1B-VJ0bsnk

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 2
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは1/31(木)、「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」「魅惑のデータイースト」特集。スタジオゲストは佐久間晶さん、伊井俊一さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年1月のOBSLive放送は、1月31日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
新年第1回の放送となります。今年から、YouTube Live、ニコ生での配信となります。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=CQrCznuaDuM (YouTube Live)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv318139077 (ニコニコ生放送)

特集ビデオでは、ゲーム企画展「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」を特集してお送りします。「あそぶ!ゲーム展 ステージ3」は埼玉県“SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ”内の映像ミュージアムで開催中の企画展です。充実した展示内容を、会場の映像とともにたっぷり紹介していきます。

さらに、もう1つの「魅惑のデータイースト」特集では、かつて存在した伝説のゲームメーカー、データイースト株式会社(DECO)の作品について取り上げます。
スタジオには、データイーストで数多くの作品を手掛けた、佐久間晶さん 伊井俊一さんをお呼びして生で色々なお話を伺います。
「ZAVIGA」「B-WING」などの硬派なアーケード作品を手掛けた技術者の佐久間晶さんと、「チェルノブ」「トリオ・ザ・パンチ」などの特徴的な作品を手掛けた企画者の伊井俊一さんに、OBSLiveならではの視点でたっぷりと「デコゲー」を掘り下げていきますのでお楽しみに。

もちろん、レギュラーコーナーのガジェット紹介、基板大好き、グルメコーナー、さらに豪華な視聴者プレゼントと内容も盛りだくさん。当日の生放送をどうぞお見逃しなく!

前回放送した、古代祐三さん、神たまさんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=4Faeu-S9HwA

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは12/20(木)、古代祐三さん、神たまさんを迎えて年末スペシャルを放送

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年12月のOBSLive放送は、12月20日(木曜日)の20:00から以下のURLで行ないます。
※平日の、木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/255131 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv317387231 (ニコニコ生放送)

毎年恒例となっている年末のOBSLive年忘れ生放送、2018年最後のスタジオゲストは、おなじみの神たまさんと古代祐三さんをお迎えしてお届けします。
ゲームミュージックコンポーザーとして、現在も活躍中の古代祐三さんは、かつて「FM音源ドライバーズサミット 」でも神たまさんと共演し、「OBSLive 2013年5月放送」出演でも大きな話題となりました。いよいよ2018年末、満を持してOBSLiveに登場! これは何かが起こります!

謎の映像の意味は…? 数々の伝説を打ち立てたゲストによる、今年最後の「古代祭り」をぜひその目でお確かめください!
もちろん、スタジオからお届けするレギュラーコーナー、視聴者プレゼントなどもありますのでご期待ください。豪華にお届けする年末のOBSLiveをお見逃しなく!

前回、11月に放送した柳井政和さんゲストの録画も以下のURLで公開中です。
まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://freshlive.tv/obslive/250898

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは11/1(木)、スタジオゲストは、岸本好弘(KISSY)さん。パックマンの岩谷 徹氏インタビュー後編をお届け

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年10月のOBSLive放送は、11月1日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/245427 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv316558566 (ニコニコ生放送)

特集のビデオでは、7月のOBSLiveで放送した、東京工芸大学教授の岩谷徹氏インタビュー後編をお届けします。
岩谷氏は、「ジービー」「パックマン」「リブルラブル」などを手掛けた、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の黎明期から活躍されていた、世界的に有名なゲームデザイナーです。前回に引き続き、OBSLiveならではの貴重なインタビューをたっぷとりお伝えします。


スタジオゲストには、同じく元ナムコでファミスタの父としても有名な岸本好弘(KISSY)さんにお越し頂きます。
DiGRAJ学会にて「ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用」を発表するなど、ゲームの歴史アーカイブにも貢献されている岸本氏に、たっぷりとお話を伺います。

おなじみのレトロゲーム、ガジェット・グルメコーナーなどレギュラーコーナーも含めて盛りだくさんな内容でお届けします。そしてもちろん、豪華プレゼントコーナーもありますので、当日の生放送をどうぞお楽しみに!

前回放送した、BETTA FLASHのTAMAYOさん、Cyuaさんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://freshlive.tv/obslive/236588

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

「インベーダーハウス2018」を開催しました

2018年8月18日に、スペースインベーダーのファンイベント「インベーダーハウス2018」を開催しました。OBSLive/基板大好き主催で1日だけ東京・秋葉原で「インベーダーハウス」を復活させるという趣旨のイベントです。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 1

ゲームレジェンドにアサルト持ち込み

レトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド28」に参加をしてアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)
前回は70年代の古いゲームだったのですが、今回はぐっと時代が進んで1988年の「アサルト(ASSAULT)」(ナムコ)アップライト筐体を設置してみました。(と言っても30年前のゲームですが…。)

2本のレバーでタンクを操作して、ダイナミックに回転拡大する画面の中で敵を倒しながら進んでいく未来感あふれるシューティングゲームです。ナムコ(現・株式会社バンダイナムコアミューズメント)がアーケード向けにリリースしたもので、大河原邦男氏によるメカデザインをミニチュアモデルで製作し、広報イメージに使用するなど意欲的な試みが多く見られます。

日本国内では、座って遊ぶテーブル筐体やコンソレット筐体などで稼働していましたが、今回持ち込んだのは、米国内で(ライセンスを得て)発売されていたアタリゲームズ版のアップライト筐体です。縦画面を生かしたスリムな筐体で、日本のものとは違った魅力があります。今回ブースが隣だったBEEPさんが「テンペスト」を設置していたので、ちょうどアタリブランドの筐体が2つ並ぶことになりました。

アサルトが登場した1988年は、日本が得意とするスプライトハードウェアの円熟期であり、「パワードリフト」(セガ)、グラディウスII(コナミ)、大魔界村(カプコン)など多くの人気タイトルがアーケードに登場していた時期でもあります。
画面に表示させるオブジェクト(画像)を高速に描画するための仕組みがスプライトなのですが、それまでも画像の拡大と縮小は実現されていました。そこに回転を組み合わせた最初期のシステムになります。(家庭用ゲーム機では、スーパーファミコンがいち早く回転機能を搭載していましたが、「アサルト」は、その2年前に登場しています。ちなみに、ハードウェアで画像回転を実現したのは、「チューブパニック」(日本物産・1984)が最初だと思われます。)
これにより、360度自由に自機の方向を動かしながら(実際は背景の方が回転しますが)、弾を撃つという独自のシューティングに仕上がっています。

「アサルト」が動いていたシステム基板「ナムコSYSTEM II」は、非常に贅沢な作りをしていて、サウンド関係のハードウェアも力が入っていました。高価なFM音源のYM2151に加えて、独自開発した24chのPCM音源(C140)を搭載し、当時としては異例なほど豪華な性能を持っていました。日本のゲームが世界を席巻し、バブル景気でもあった当時の勢いを感じます。
このゲームでサウンドを担当していたのが、細江慎治(めがてん)氏と、野口和雄(サンダー)氏で、個性的かつクールなゲームミュージックは今なお多くのファンに支持されています。
ちょうど当日、スーパースィープブースに来ていた細江氏にお願いして、その場でマーキーにサインを入れて頂きました、ありがとうございます!

細江氏にゲームを遊んでもらいながら話をしていたのですが。

おにたま 「この筐体を見たことは…?」

細江氏 「初めて見たかも!」

おにたま 「えっ…」

おにたま 「1面クリアするまで音楽が鳴らないのはなぜ…?」

細江氏 「うーん何だろう…演出かなぁ?」

おにたま 「えっ…」

あまり細かいことは覚えていない様子…。
いやしかし、音楽が素晴らしいことは変わりないので、ぜひチェックしてみてください。

最後に恒例となった、当日の最終的なハイスコアを掲載しておきます。

恐ろしいことに、日本とは違う操作レバーでプレイスタイルも違うはずなのに、初プレイでエンディングまで到達するプレイヤーが現れたりして、プレイヤー層の厚さを感じました。
ブースにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後また機会があれば、展示を行なっていきたいと思います。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは5/24(木)、ALL ABOUT マイコンBASICマガジンⅡ特集。スタジオゲストは元ベーマガ編集部の断空我さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年5月のOBSLive放送は、5月24日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/211226 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv313226738 (ニコニコ生放送)

2018年1月に開催され、よみうりホールに集う1000人以上のファンが熱狂したイベント「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンII」を特集してお届けします。
ベーマガ編集部の皆さん、古代祐三さんや森巧尚さんなどプログラム投稿で著名な皆さん、ミュージックプログラムやスーパーソフトマガジンなどで活躍したゲームライターの皆さんが出演し、イベント企画構成を務めた山下章さんの司会により進行する、豪華なイベントとなっています。当日の模様をダイジェストでお送りする、OBSLiveだけで見ることのできる初公開映像です。イベントに来た方も、来られなかった方も、ぜひお楽しみください。
イベントのために製作され、当日に初公開されたオープニングムービーも大きな話題となりました。こちらも併せてご覧ください。

当日のスタジオゲストには「ベーマガ」編集部で、連載からゲーム紹介まで、複数のペンネームを使い分けて記事を執筆していたという、断空我さんをお招きします。「ベーマガ」編集部のお話から、現在の活動まで貴重なお話をお聞きする注目の放送となりますので、どうぞお見逃しなく!

7月には「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンⅡSP in 大阪」が関西で初めて開催されるなど、まだまだ進化を続けるマイコンBASICマガジンの魅力についてお伝えしていきたいと思います。もちろん、OBSLiveでおなじみのレギュラーコーナーやプレゼントコーナーもありますので、生放送でぜひお楽しみください。

前回放送した、佐野電磁さんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

https://freshlive.tv/obslive/199074

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは3/28(水)、スタジオゲストは佐野電磁さん。レトロゲーム展示会・東京ゲームタクト2018情報も

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年3月のOBSLive放送は、3月28日(水曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
水曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/199074 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv311954983 (ニコニコ生放送)

特集ビデオでは、2017年9月に開催された「JARGA レトロゲーム歴史博物館計画 資料展示会」の模様をお届けします。
期間限定で公開されたレトロゲームの歴史を辿るコレクションの数々は、貴重な国産の機種を取り揃えた必見の内容となっています。

スタジオゲストには、OBSLive久しぶりの登場となる佐野電磁さん(株式会社DETUNE)をお迎えします。
最新ソフト「KORG Gadget for Nintendo Switch」を発表し、快進撃を続けている佐野電磁さんに、OBSLiveならではの視点でお話を伺っていきます。
また、5月4日・5日に開催されるゲーム音楽の祭典「東京ゲームタクト2018」の最新情報も生放送でお届けする豪華な内容となっています。
おなじみのレトロゲーム、ガジェット・グルメコーナーなどレギュラーコーナーも含めて盛りだくさんな内容でお届けします。そしてもちろん、豪華プレゼントコーナーもありますので、当日の生放送をどうぞお楽しみに!

前回放送した、池田雅行(響あきら)さんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://freshlive.tv/obslive/191323

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは2/22(木)、スタジオゲストは池田雅行(響あきら)さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年2月のOBSLive放送は、2月22日(木曜日)の19:30に以下のURLで行ないます。
※いつもより30分早い、木曜日夜19時30分から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/191323 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv311065554 (ニコニコ生放送)

スタジオゲストには、「マイコンBASICマガジン(ベーマガ)」、「ファミコン必勝本」のライターとして活躍し、さらに「MMR マガジンミステリー調査班」のイケダ隊員としても知られている、池田雅行(響あきら)さんをお迎えします。

ゲームセンターが盛り上がった1980年代から、コミュニティなどの活動から、当時の様子など幅広い見識を持つ池田雅行さんに、OBSLiveならではの視点でお話を伺っていきます。

また、特集ビデオでは、前回に続き「タイトーレトロゲーム展」のレポート後編をお届けします。スペースインベーダーの開発者、西角友宏氏による、70年代アーケードゲーム黎明期の貴重なエピソードは必見です。

おなじみのレトロゲーム、ガジェット・グルメコーナーなどレギュラーコーナーも含めて盛りだくさんな内容でお届けします。そしてもちろん、豪華プレゼントコーナーもありますので、当日の生放送をどうぞお楽しみに!

前回放送した、「コテアニ」さん( 小寺可南子さん、アネモネ・モーニアンさん )ゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
https://freshlive.tv/obslive/184984

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

ホーム > レトロゲーム

Search
Feeds
Meta

Return to page top