Home > HSP > お知らせ

お知らせ Archive

夏休みゲームプログラミング教室2014を開催しました

恒例となっている、HSPを使った夏休みゲームプログラミング教室2014が、東京都羽村市の生涯学習センター「ゆとろぎ」にて開催されました。
夏休み3日間に渡って、パソコンの上で楽しめるめゲームに触れながら、プログラムやゲームが動くところを体験し、コンピューターの仕組み、スマートフォンやネットワークの仕組みなど、楽しみながら学習する初心者向けの教室です。講師は、私(おにたま)が担当しました。

小学校高学年から、シニアの方まで幅広い年齢層の皆さんが参加し。ゼロからのスタートで、みんなが一緒にプログラミングの基礎や、仕組みを学ぶことができました。参加してくれた生徒の皆さん、現地で協力して頂いたヘルパーと事務局の方々、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

この教室では、簡単なプログラム(スクリプト)の入力から始まって、出来上がっているゲームをロードして実行、さらにプログラムを改造してゲームの内容が変わることを体験してもらいます。こうした体験を通して、文字で書かれたプログラムをもとにコンピューターが動いていることを肌で感じてもらえたら嬉しいです。同じ教室で仲間とともに実践することで、やる気も持続しますし、夏休みの楽しい思い出になるのではないかと思っています。

今回は教室の生徒が同時に参加できるネットゲームのプログラムを動かしながら、ネットワークの仕組み、情報の流れなどを学ぶ時間を新たに取り入れました。

「王様を守れ!」というゲームを新しく作成し、教室にいる生徒全員が同時に遊ぶという試みをしました。教室内のノートパソコンを、有線か、または無線LANで接続して、講師のパソコンに接続できるネットワークを構成するところから始めて、講師がゲーム全体の管理を行なうサーバーを実行、生徒それぞれが通信しながらゲームを実行するクライアントとして実際にプレイします。(一般的なネットゲームと同じ構成です。)
「王様を守れ!」は、プレイヤーそれぞれが王様となり自国の領土を広げながら、名声を上げていく簡単なネットゲームです。それぞれのプレイヤーは、自分の王様や兵士を好きな場所に置くことができますが、他の人も同様に配置をしていて、それは見ることができません。サーバーである講師のパソコン画面は、教室のプロジェクターで見ることができます。全員の配置が終わったら、講師のサーバー画面で、それぞれの生徒が配置したデータが集計されていく様子を確認することができるようになっています。

初めての試みということもあり、ネットワークの接続やゲームの進行がうまくいくか不安なところもありましたが、ネットワークは問題なく接続でき、ゲームの進行もトラブルなく最後まで進めることができました。このゲーム「王様を守れ!」は、サーバーもクライアントもすべてHSPで作られていて、今後も活用する機会があれば改良していきたいと考えています。
ソースコードも含めてファイル一式をフリーで公開しておきますので、興味のある方、活用できそうな方はご自由にお使いください。(ネットワーク(TCP/IP)環境が必須で、一人で遊ぶことができませんが…。)

ネットゲーム「王様を守れ!」 ダウンロード

  defendking2014.zip (1.2 MB)

去年に引き続き、簡単なハードウェア制御の実演や、アクションゲーム、シューティングゲーム、カードゲームなど様々なプログラムの改造、3D表示の実践など、3日間の間に色々な体験ができたのではないかと思います。

コンピューターがプログラムで動いていて、自分で作ることができるという体験を通して、1人でも多くの作り手や技術者が増えてくれることを願っています。
今後もまた開催される際には、HSPTV!などで告知を行なっていきますので、興味を持った方はどうぞ宜しくお願い致します。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは11/30(土)、HSPプログラムコンテスト2013特集

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2013年11月のOBSLive放送は、11月30日(土曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
http://www.ustream.tv/channel/obslive (ustream)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv160334699 (ニコニコ生放送)

次回は、HSPによる年に一度のイベントとなるHSPプログラムコンテスト2013を特集したコンテストTVスペシャルをお送りします。

アマチュアの皆さんが作ったソフト作品をスタジオで紹介する生放送です。作品を応募した方や遊んだ方、まだ作品を見ていないという人も、ここで注目作品を一気に楽しめます。
コンテストTVレギュラーメンバーの「おにたま」「うすあじ」「悠黒喧史」がスタジオから生放送でお届けします。年に一度の大きなイベントとなりますので、お見逃しなく。
もちろん、OBSLiveおなじみのレギュラーコーナーやプレゼントコーナーもありますので、生放送でたっぷりとお楽しみください。
今回から、USTREAMだけでなくニコニコ生放送の方でもOBSLiveの同時配信を行なう予定です。

前回、10月に放送したハイロックさんゲストの録画も以下のURLで公開中です。
まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=nU5qCTLvrg0

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

HSPによるゲームプログラミング教室2013の教材

HSPを使った夏休みゲームプログラミング教室が、2013年の夏休み3日間に渡って、東京都羽村市の生涯学習センター「ゆとろぎ」にて開催されました。
羽村市で開催されるのは2回目ということで(前回の記事はこちら)、プログラミングやゲーム作りの基礎を学習するだけでなく、ロボットのようなハードウェア制御、スマートフォンによる実演など幅広い内容の教室になりました。参加してくれた生徒の皆さん、そして現地で協力して頂いたヘルパーや事務局の方々、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

今回参加したのは、小中学生を中心に上は70歳シニアの方まで幅広い年齢層の皆さんでした。皆さんプログラミングの経験は、ほぼゼロからスタートで、みんなが一緒に仕組みを学ぶ所から始めることができました。
簡単なプログラム(スクリプト)の入力から始まって、出来上がっているゲーム(シューティングゲームなど)をロードして実行、さらにプログラムを改造してゲームの内容が変わることを体験してもらいます。
こうした体験を通して、文字で書かれたプログラムをもとにコンピューターが動いていることを肌で感じ、基礎的な理解と興味を持つ人が増えてくれたら嬉しいです。同じ教室で仲間とともに実践することで、やる気も持続しますし、夏休みの良い思い出になるのではないかと思っています。

今回、新しく導入したハードウェア制御の実演では、学習用の実験器具であるロボットアーム MR-999を実際にHSPで制御しながら、より目に見える形でプログラムの動作を見せています。

ロボットアーム MR-999は、MOVIT-LABII (IF-100)というユニットによりパソコンから制御できるようになっています。
専用ソフトも付属していますが、USB-IO互換のためHSPに同梱されているプラグインやモジュールを使って手軽に制御することが可能です。以下は、簡単なプログラムの例です。

#include "usbio.as"

	usbinit
	mes "つかむ"
	arm1 0
	wait 2000
	mes "はなす"
	arm1 1
	wait 2000

	armstop
	mes "おわり"
	stop

あらかじめ用意されたarm1~arm5という命令がロボットアームの各関節を制御します。パラメーターが0か1かによって動く方向が変わります。これを一定時間ごとに実行することで、自由なタイミングで好きな場所を動かすことができます。
実際に教室で使用したプログラムを公開しますので、興味のある方はぜひ試してみてください。ロボットアームとインターフェース(IF-100)はセットで1万円以下で購入できますので入門用にはちょうどいいかと思います。

  usbarm.zip (1.9 KB)

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 1
  • Trackbacks: 0

HSPフルセットでのEasy3Dプラグイン同梱終了について

HSP対応の3DプラグインであるEasy3Dプラグインについて、作者であるおちゃっこさんのサポート終了と方針変更に伴い、HSPに同梱されているバージョンの扱いについて、協議を行なってきました。
本日、以下のような正式決定に至りましたのでご報告致します。

・次にリリースされるHSP3.32からEasy3Dプラグインの同梱は行われない
・Easy3Dプラグインの規約は変更されない(有料化や寄付といった情報は誤りです)

Easy3Dの新しい配布規約について、様々な可能性を検討してきましたが、HSPに同梱するにあたり、HSP側のライセンスとの競合が避けられず、話し合いの結果、取ることのできる最善の策としてHSP配布パッケージからEasy3Dプラグインを除外することに致しました。

おちゃっこさんは現在製作中の3Dライブラリに注力する形となり、Easy3Dはサポート外のライブラリとして、おちゃっこさんの管理に委ねられることになります。

おちゃっこさんからのアナウンスについては以下を参照してください。
http://ochakkolab.blog116.fc2.com/blog-entry-771.html

Easy3Dを使用して作品を発表している方や、現在作品を製作中の方がライセンス上で影響を受けることはありません。
新しいパッケージとなるHSP3.32については近日中にアナウンスを行なっていく予定です。
HSPで使用できる3D環境については、今後もHGIMG3などが引き続きサポートされますが、さらに幅広い活用ができる環境を整備したいと考えています。
ユーザーの皆様には、ご心配と不自由をおかけしたことをお詫びするとともに、ご理解とご協力をお願い致します。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは11/17(土)、HSPプログラムコンテスト2012特集

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2012年11月のOBSLive放送は、11月17日(土曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
http://www.ustream.tv/channel/obslive

次回は、HSPによる年に一度のイベントとなるHSPプログラムコンテスト2012を特集したコンテストTVスペシャルをお送りします。
2011年、2010年に続いてアマチュアの皆さんが作ったソフト作品をスタジオで紹介する生放送です。作品を応募した方や遊んだ方、まだ作品を見ていないという人も、ここで注目作品を一気に楽しめます。
出演は、コンテストTVレギュラーメンバーの「おにたま」「うすあじ」「悠黒喧史」のほか、古くからのHSPユーザーとして活躍しているMIAさんをゲストに迎えてお届けします。MIAさんは、2008年のHSPプログラムコンテストHSPTV部門優秀賞を始めとして、GUN ARMSなどの本格的なゲームやプラグインを手がける実力派プログラマーです。年に一度の大きなイベントとなりますので、お見逃しなく。
もちろん、OBSLiveおなじみのレギュラーコーナーやプレゼントコーナーもありますので、生放送でたっぷりとお楽しみください。

前回、10月に放送したノイジークローク加藤浩義さんゲストの録画も以下のURLで公開中です。
まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=HgCqiwsDgfc

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

HSP3Dishサポートページを公開しました

iOS,Androidなどのスマートフォンで動作するHSP、HSP3Dishのサポートページを公開しました。

HSP3Dishサポートページ
http://hsp.tv/make/hsp3dish.html

HSP3Dishに関する最新情報の掲載、ユーザーが作成したアプリの紹介などを行なっていく予定です。
HSPプログラムコンテスト2012に応募された作品も、積極的にアプリ化する支援を行なっています。現在、AppStoreやGoogle PlayなどのストアにもいくつかのHSP3Dish作品が登録されていますので、スマートフォン・タブレット等をお持ちの方は、ぜひダウンロードしてみてください。

また、先ごろ発売された書籍「はじめてつくるスマホアプリプログラミング―HSP3Dish入門」のサポートなども行なっていく予定です。

これは、HSP3Dishについて解説した初めてのオフィシャル本で、タイトル通り、初めての人でも作れるように、HSPの基本的な使い方からアプリを作成する方法まで詳しく解説しています。すぐに使えるサンプルスクリプトを付属しており、HSP本体やSDKなども収録したCD-ROM同梱ですぐに使い始めることができます。HSP3Dishを始める人も、すでに使っている人にもおすすめの書籍なので興味のある方はぜひ。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 1
  • Trackbacks: 0

HSPプログラムコンテスト2012開催中です

今年もやってきました。HSPプログラムコンテスト2012が、いよいよ8月1日から開幕となっています。
http://hsp.tv/contest2012/

ついに節目となる10年目となったコンテスト。応募点数も4000本を超えて、HSPユーザーだけでなくフリーソフト・フリーゲームのファンの方も参加することのできる、お祭りとなっています。
既に応募された作品も公開されていて誰でも楽しめる形になっています。特にHSPTV部門は、HSPTVブラウザから過去の作品も含めて手軽に呼び出すことができるので、この機会に起動してもらえると嬉しいです。

今年も、「コンテストTV」によるネット放送での作品紹介や、イベントでの作品体験、ネット審査員による作品評価など楽しい仕掛け満載です。また、HSP3Dish部門を新設し、スマートフォン(iPhone,android)向けに製作されたソフトを、積極的にスマートフォンアプリとして公開サポートする試みも行ないます。

HSPプログラムコンテストは、発表の場、活躍の場としてこれからも盛り上げていきたいと思いますので、今年も宜しくお願いします。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは11/26(土)、HSPプログラムコンテスト2011特集

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2011年11月のOBSLive放送は、11月26日(土曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
http://www.ustream.tv/channel/obslive

次回は、HSPによる年に一度のイベントとなる「HSPプログラムコンテスト2011」を特集したコンテストTVスペシャルをお送りします。
アマチュアの皆さんが作ったソフト作品をスタジオで紹介するコンテストTVは、去年に続いて生放送でお送りします。作品を応募した方や遊んだ方、まだ作品を見ていないという人も、ここで注目作品を一気に楽しめますので是非ともご覧ください。
当日は、おなじみコンテストTVレギュラーメンバーの「おにたま」「うすあじ」「悠黒喧史」の3人が登場しますお楽しみに!

10月に放送したなるけみちこさんゲストの録画も以下のURLで公開中です。
まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=2PE8MnZ7ZAY

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

HSPプログラムコンテスト2011開始

HSPプログラムコンテスト2011が、いよいよ8月1日から開幕となりました。
http://hsp.tv/contest2011/

コンテストの方は、いよいよ9年目に突入して応募点数も4000本に迫る、HSPの一大イベントとなっています。既に応募された作品も公開されていて誰でも楽しめる形になっています。特にHSPTV部門は、HSPTVブラウザから過去の作品も含めて手軽に呼び出すことができるので、この機会に起動してもらえると嬉しいです。
今回も「コンテストTV」によるネット放送での作品紹介や、ネット審査員による作品評価への参加を行ないます。また、HSP3Dish賞を新設し、スマートフォン(iPhone)向けに製作された優秀なソフトを、実際にスマートフォンアプリとして公開する試みも予定しています。
HSPプログラムコンテストは、発表の場、活躍の場としてこれからも盛り上げていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

HSPで作るスマートフォンアプリ

※この記事は古い内容が含まれています。
HSPで作るスマートフォンアプリの詳細は、こちらにまとめられています

HSPで作られたソフトは、今まで主にWindows上で動作していましたが、もっと多くの環境・機種で動かしてみたいという人も多いと思います。現在、HSPによって作られたソフトをiPhoneやiPad、iPod TouchといったiOS搭載機種で動作させるためのテストを行なっています。
以下は簡単なデモ映像です。

これは、HSP Dish(device interpolation shell)と呼ばれるシステム上で動作しています。既に発表しているHSP3ソースコンバーターによって、HSPの中間コードをC言語に変換した上で、HSPと同様の描画、制御用ライブラリをデバイスごとに用意するというものです。

もちろん、プラグインも含めたHSPのすべての機能をiPhoneで動作させることはできないので、HSP Dishの仕様として共通の枠組みを用意した上で開発する形になる予定です。HSPの標準命令や関数、マクロ、モジュール機能などのデバイスに依存しない機能については、HSP3ソースコンバーターが対応する範囲ですべて利用可能です。拡張プラグインについては、現在物理エンジン(OBAQ)を仮に対応させていますが、今後さらに追加の検討を行なっていきます。
HSP Dishでは、一度ネイティブコードに変換して実行されるため、モバイル端末など限られたCPUリソースの中でも、インタプリタ型よりも効率的に実行されます。iOS上でも、多くの場合は実行速度を気にする必要はないでしょう。

iOS版については、開発環境としてMacのxcodeが必要になることや、デベロッパーの登録が必要になるので、やや敷居が高いですがWindows上のHSPで開発したものを、AppStore等のマーケットに登録することができれば、HSPのソフト開発者にとって新しい発表の機会が広がっていくと思います。
また、これと並行してandroid OS搭載の端末に向けたHSP Dishの開発も進めています。android OSであれば、iOSよりも敷居が低く誰でも開発、登録などを行なうことができるようになります。

今後、普及が進んでいく携帯デバイス、そしてスマートフォンに向けたアプリを、HSPで手軽に開発するという道を、これから少しずつ整備していきたいと考えていますので、Windows版ともども宜しくお願いします。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 22
  • Trackbacks: 2

ホーム > HSP > お知らせ

Search
Feeds
Meta

Return to page top