Home > イベント

イベント Archive

ゲームレジェンドにワープ1とモンキーマジック持ち込み

レトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド31」でアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)

毎回行っているアーケード筐体の展示、今回はあまり見かけない40年前の変なゲームというテーマで、「ワープ1(WARP-1)」(サン電子)と「モンキーマジック」(任天堂レジャーシステム)の2台をフリープレーで設置してみました。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは7/26(金)、スタジオゲストは佐々木建仁さん、「Japan Expo 2019」レポートなど

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年7月のOBSLive放送は、7月26日 (金曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
金曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
2019年から、YouTube Live、ニコ生での配信となっています。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Exww1W53ZjI (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv321096983 (ニコニコ生放送)

今回は、7月にフランス・パリで開催されたイベント「Japan Expo 2019」の模様をレポートしてお送りします。
日本文化を愛するフランスの人たちが集いアニメやマンガ、ゲームなど日本のコンテンツで盛り上がるイベントです。20年の歴史を持つ人気イベントを、OBSレポーターせんちゃんが紹介する貴重な映像をお届けします!

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは5/30(木)、「インベーダーハウス2018」特集。スタジオゲストは外山雄一(株式会社タイトー)さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2019年5月のOBSLive放送は、5月30日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
今年から、YouTube Live、ニコ生での配信となります。ustream,FRESH LIVEでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=bXlBtbyD-k4 (YouTube Live)
https://live.nicovideo.jp/gate/lv320233726 (ニコニコ生放送)

特集ビデオでは、昨年8月に秋葉原で開催されたイベント「インベーダーハウス2018」の模様をダイジェストでお送りします。
40周年を迎えたスペースインベーダーの開発者である西角友宏氏と、そのサウンド基板を開発した亀井道行氏が登場したトークショーなど、当日の熱気が伝わってくる貴重な映像をお届けします。


Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

ゲームレジェンドにNARC持ち込み

1年ぶりの参加となるレトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド30」でアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)

今回は1988年の「NARC(ナーク)」(Williams Electronics Games)アップライト筐体を設置しました。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

「インベーダーハウス2018」を開催しました

2018年8月18日に、スペースインベーダーのファンイベント「インベーダーハウス2018」を開催しました。OBSLive/基板大好き主催で1日だけ東京・秋葉原で「インベーダーハウス」を復活させるという趣旨のイベントです。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 1

ゲームレジェンドにアサルト持ち込み

レトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド28」に参加をしてアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)
前回は70年代の古いゲームだったのですが、今回はぐっと時代が進んで1988年の「アサルト(ASSAULT)」(ナムコ)アップライト筐体を設置してみました。(と言っても30年前のゲームですが…。)

2本のレバーでタンクを操作して、ダイナミックに回転拡大する画面の中で敵を倒しながら進んでいく未来感あふれるシューティングゲームです。ナムコ(現・株式会社バンダイナムコアミューズメント)がアーケード向けにリリースしたもので、大河原邦男氏によるメカデザインをミニチュアモデルで製作し、広報イメージに使用するなど意欲的な試みが多く見られます。

日本国内では、座って遊ぶテーブル筐体やコンソレット筐体などで稼働していましたが、今回持ち込んだのは、米国内で(ライセンスを得て)発売されていたアタリゲームズ版のアップライト筐体です。縦画面を生かしたスリムな筐体で、日本のものとは違った魅力があります。今回ブースが隣だったBEEPさんが「テンペスト」を設置していたので、ちょうどアタリブランドの筐体が2つ並ぶことになりました。

アサルトが登場した1988年は、日本が得意とするスプライトハードウェアの円熟期であり、「パワードリフト」(セガ)、グラディウスII(コナミ)、大魔界村(カプコン)など多くの人気タイトルがアーケードに登場していた時期でもあります。
画面に表示させるオブジェクト(画像)を高速に描画するための仕組みがスプライトなのですが、それまでも画像の拡大と縮小は実現されていました。そこに回転を組み合わせた最初期のシステムになります。(家庭用ゲーム機では、スーパーファミコンがいち早く回転機能を搭載していましたが、「アサルト」は、その2年前に登場しています。ちなみに、ハードウェアで画像回転を実現したのは、「チューブパニック」(日本物産・1984)が最初だと思われます。)
これにより、360度自由に自機の方向を動かしながら(実際は背景の方が回転しますが)、弾を撃つという独自のシューティングに仕上がっています。

「アサルト」が動いていたシステム基板「ナムコSYSTEM II」は、非常に贅沢な作りをしていて、サウンド関係のハードウェアも力が入っていました。高価なFM音源のYM2151に加えて、独自開発した24chのPCM音源(C140)を搭載し、当時としては異例なほど豪華な性能を持っていました。日本のゲームが世界を席巻し、バブル景気でもあった当時の勢いを感じます。
このゲームでサウンドを担当していたのが、細江慎治(めがてん)氏と、野口和雄(サンダー)氏で、個性的かつクールなゲームミュージックは今なお多くのファンに支持されています。
ちょうど当日、スーパースィープブースに来ていた細江氏にお願いして、その場でマーキーにサインを入れて頂きました、ありがとうございます!

細江氏にゲームを遊んでもらいながら話をしていたのですが。

おにたま 「この筐体を見たことは…?」

細江氏 「初めて見たかも!」

おにたま 「えっ…」

おにたま 「1面クリアするまで音楽が鳴らないのはなぜ…?」

細江氏 「うーん何だろう…演出かなぁ?」

おにたま 「えっ…」

あまり細かいことは覚えていない様子…。
いやしかし、音楽が素晴らしいことは変わりないので、ぜひチェックしてみてください。

最後に恒例となった、当日の最終的なハイスコアを掲載しておきます。

恐ろしいことに、日本とは違う操作レバーでプレイスタイルも違うはずなのに、初プレイでエンディングまで到達するプレイヤーが現れたりして、プレイヤー層の厚さを感じました。
ブースにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後また機会があれば、展示を行なっていきたいと思います。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

次回のOBSLiveは5/24(木)、ALL ABOUT マイコンBASICマガジンⅡ特集。スタジオゲストは元ベーマガ編集部の断空我さん

※この生放送は終了しています。
アーカイブはこちら

2018年5月のOBSLive放送は、5月24日 (木曜日)の20:00に以下のURLで行ないます。
木曜日夜20時から行ないます。お間違えのないように宜しくお願いします。
FRESH! TV、ニコ生での配信となります。ustreamでの配信は行なわれませんので、ご注意ください。

https://freshlive.tv/obslive/211226 (FRESH! TV)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv313226738 (ニコニコ生放送)

2018年1月に開催され、よみうりホールに集う1000人以上のファンが熱狂したイベント「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンII」を特集してお届けします。
ベーマガ編集部の皆さん、古代祐三さんや森巧尚さんなどプログラム投稿で著名な皆さん、ミュージックプログラムやスーパーソフトマガジンなどで活躍したゲームライターの皆さんが出演し、イベント企画構成を務めた山下章さんの司会により進行する、豪華なイベントとなっています。当日の模様をダイジェストでお送りする、OBSLiveだけで見ることのできる初公開映像です。イベントに来た方も、来られなかった方も、ぜひお楽しみください。
イベントのために製作され、当日に初公開されたオープニングムービーも大きな話題となりました。こちらも併せてご覧ください。

当日のスタジオゲストには「ベーマガ」編集部で、連載からゲーム紹介まで、複数のペンネームを使い分けて記事を執筆していたという、断空我さんをお招きします。「ベーマガ」編集部のお話から、現在の活動まで貴重なお話をお聞きする注目の放送となりますので、どうぞお見逃しなく!

7月には「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンⅡSP in 大阪」が関西で初めて開催されるなど、まだまだ進化を続けるマイコンBASICマガジンの魅力についてお伝えしていきたいと思います。もちろん、OBSLiveでおなじみのレギュラーコーナーやプレゼントコーナーもありますので、生放送でぜひお楽しみください。

前回放送した、佐野電磁さんゲストの回も、以下のURLで公開中です。まだ見ていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

https://freshlive.tv/obslive/199074

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

HSPによるプログラミング関連の教室が、羽村と青梅で開催されます

毎年、講師を務めさせて頂いている東京都羽村市での「夏休みゲームプログラミング教室」ですが、今年はさらにもう1つ、東京都青梅市で開催される「子どもIT未来塾」にも参加しており、2つの教室が開催されることになりました。

子どもIT未来塾
(主催:青梅市教育委員会・羽村市教育委員会・公益財団法人 青梅佐藤財団)
http://www.sato-zaidan.or.jp/1-event/180623.html

「子どもIT未来塾」は、小型のコンピューターであるラズベリーパイ(Raspberry Pi)を使用して、コンピューターやIOT機器の仕組みと、ハードウェア・ソフトウェアの技術を学ぶもので、全10回の講義となる本格的な内容です。
私(おにたま)の他にも、東海大学 情報通信学部 組み込みソフトウェア工学科の清水尚彦 教授、会津大学 適応システム学講座 奥山祐市 准教授といった講師陣により、ハードウェア制御からゲームの製作まで、幅広くコンピューターの仕組みを学ぶことができる、非常に意欲的な試みとなります。
「HSP3 Linux/Raspberry Pi」なども盛り込んだ本格的な内容となりますので、興味のある方は、こちらのページを参考にぜひご応募ください。小学5年生から中学生を対象としており、受講者の応募を2018年5月末まで受け付けて、6月から開始となります。

夏休みゲームプログラミング教室
(主催:西多摩プログラミングクラブ)
https://nishitamapc.jimdo.com/

もう1つ、恒例となっている東京都羽村市での「夏休みゲームプログラミング教室」は、今年も7月に開催されます。
こちらもWindows上でプログラミングができるHSP3を使って、アクションゲームからカードゲーム、ネットゲームなど様々な種類のゲーム作りの体験ができ、プログラミングの体験を通してコンピューターやITの仕組みを学ぶ2日間の教室となります。これは、私たちが10年以上に渡って続けているもので、ゲームを通して楽しみながら学ぶことに主眼を置いたカリキュラム作りを続けています。
こちらも、6月に募集が開始されます。興味のある方は、こちらのページを参考にぜひご応募ください。

どちらも、これからの時代に欠かすことのできないコンピューター、プログラミングの技術を知ることで、将来に向けた知見と基礎力を育てることを目標にしています。
夏休みの間に学べる、「夏休みゲームプログラミング教室」と、長いスパンで本格的に学べる「子どもIT未来塾」、どちらも継続的に実施できればと考えていますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 0

ゲームレジェンドにイントルーダーとマリンウォーズ持ち込み

レトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド26」に参加をしてアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)
毎回、80年代のあまり見ないゲーム筐体を展示しているのですが、今回はぐっと古く70年代末頃の国産ゲームである「スペースイントルーダー」(株式会社ショウエイ)と「マリンウォーズ」(豊栄産業株式会社)を2台設置してみました。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 0
  • Trackbacks: 1

ゲームレジェンドにスタンランナー持ち込み

レトロゲーム系イベント「ゲームレジェンド25」に1年半ぶりの参加をしてアーケード筐体の展示を行ないました。(過去の参加報告は、こちら。)
今回は1989年のアタリゲームズによる「スタンランナー(S.T.U.N. Runner)」をチョイスしてみました。未来のスピードバイクを操るレースゲームで、筐体もバイクを模した赤色のシートが印象的です。

Continue reading

    このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

  • Comments: 4
  • Trackbacks: 0

ホーム > イベント

Search
Feeds
Meta

Return to page top