Home > HSP > HSPでUSB制御(AVR/HIDaspx)

HSPでUSB制御(AVR/HIDaspx)

ホビーとしての電子工作や教育用途として、PCからUSB接続して行なう機器があります。
HSPプログラムコンテストの協賛社としてもおなじみの、テクノキットさんや、Km2Netさんもこうした工作キットを販売しています。
これらのハードは、USB経由で接続してその先に作成された機器、たとえばLED(発光ダイオード)とかLCD(液晶パネル)をPCから制御するような仕組みになっています。
これがシンプルながら、制御して動かすのは不思議と喜びがあります。
プログラムもそうですが、自分で組み上げたものだとLEDが点灯するだけでも楽しいものです。

PCから制御するにあたって手軽に実験できるHSPを使ってくれていることも嬉しいのですが、今回のテーマはそこじゃなくて、より手軽にUSB制御するハードに感動したという話。


とある方のご厚意で頂いた基板です。HIDaspxという仕様に基づいて作られています。
今までのUSBキットと比べて何が優れているかと言うと、

  • 手軽 – Windowsであれば標準のHIDクラス(ヒューマンインターフェースデバイス)ドライバで接続できるので、USBに繋ぐだけですぐ使用できる
  • 単純 – とてもシンプルな回路構成でマイコン制御までできちゃう
  • 安い – AVRマイコンも含めて材料費は¥500くらい

という、いいことずくめ。
ハードの勉強をしたいという人や、電子工作の入門でも注目株ではないでしょうか。
初心者向けの書籍や資料という点では、まだUSB-IOなど既存の製品がいいと思いますが、マイコン制御できるとか、導入の手軽さ(AVRマイコンにファームウェアを書き込む必要はありますが)によるメリットは大きいですね。

HIDaspxについては、こちらのページで開発を行なっています。
http://www-ice.yamagata-cit.ac.jp/ken/senshu/sitedev/index.php?AVR/HIDaspx#qa9690db

このHIDaspxは、もともと「びんずめ堂」さんの製作した回路とソフトから派生したもので、「びんずめ堂」さんはUSB-IOのHSP用プラグインとか、Linux版の移植xhspなども公開されていてHSPを強力に支援してくれています。
そんな中から登場してきた、HIDaspxをこちらでもちょっと使ってみようと思っています。
当然HSPから呼び出すということで、また進展があったらお知らせしたいと思います。

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:3

Trackback URL for this entry
http://www.onionsoft.net/wp/archives/61/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
HSPでUSB制御(AVR/HIDaspx) from おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき
trackback from カスタムエンジの研究室 10-01-30 (土) 15:39

AVR ATtiny2313 で I/O監視と手動制御

情報処理技術が高度化した現在においても、機器制御を完全にフルオートとはなかなかいかない。処理の大半をコンピュータに任せても、人間が

pingback from HSPでUSB制御(AVR/HIDaspx)その2 - おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき 10-02-03 (水) 1:52

[…] 前に紹介したUSB制御システムHIDaspxですが、その後、HSPからも制御できるようになりました。 […]

pingback from HSP3.21のUSB制御モジュールアップデート - おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき 10-08-29 (日) 2:05

[…] 各種USBハードウェアをHSP3.21から制御する方法について以前にも話題にしました。 その後、色々と新しいハードウェア対応や不具合の修正を行なったので、アップデートしたモジュール […]

Home > HSP > HSPでUSB制御(AVR/HIDaspx)

Search
Feeds
Meta

Return to page top