HSP : Hot Soup Processor ver3.5 / onion software 1997-2017(c)

タイトル

HSP3 概要

  1. HSPとは?
  2. 動作環境
  3. パッケージ構成
  4. インストール
  5. アンインストール
  6. デモンストレーション
  7. HSP3.4からの変更点
  8. HSP2からの変更点
  9. スクリプトエディタ
  10. HSPアシスタント
  11. HSPTVブラウザ
  12. HSP Document Library(HDL)
  13. HSPのサポート
  14. 最新版の提供について
  15. 今後の予定
  16. HSPユーザーコミュニティ
  17. HSPによって作られたソフトウェアのライセンスについて
  18. 著作権、ライセンスについて
  19. 言語仕様の管理について
  20. 教育用途の使用について
  21. 作者より
  22. 謝辞

HSPとは?

HSPは、誰でも手軽に使うことのできるスクリプト言語システムです。 テキストによるスクリプトを書くだけで、簡単にWindows上で動作する、 画像を使ったゲームプログラム、スクリーンセーバー、ツールや実用ソフトなどのアプリケーションを 構築することができます。

HSPには、次のような特長があります。

HSPはあなたのアイデア次第で色々な場面で使用できます。

動作環境

HSP3.5は32bitアプリケーションの動作するほぼすべてのWindowsで動作します。
また、Windows 7、8、8.1、10及びVistaの64bit(x64)版での動作を確認しています。

		Windows 98及びMe上では、標準の「HSPスクリプトエディタ」は動作致しません。
		簡易版エディタ(hsed3le.exe)をご使用頂けば、標準的なHSPの機能はご使用頂けます。
		また、InternetExplorer4.0以降がインストールされているWindows 95上でも動作可能ですが、保証外となります。

		日本語版以外のWindowsでは、標準の「HSPスクリプトエディタ」で文字化けが発生することがあります。
		その場合は、HSPTV!サイトのダウンロードリストから、対応するツールを選択することができます。
		

640×480以上の解像度と、256色以上の表示が可能なディスプレイが必要になります。 必要なメモリ量は表示する画像サイズなどで変化します。

HSPは単体で動作します。標準的な機能において、追加のDLLやランタイムをインストールする必要はありません。

パッケージ構成

HSP3.5フルセットは、オープンソースとして公開されているOpenHSP技術をベースに、 Windows上で手軽にプログラミングを楽しむことができるよう構成されています。 スクリプトを記述するための「HSPスクリプトエディタ」を始めとして、 視覚的にプログラムの動作を確認することができるツール「Peas」、 ユーザーが作成したコンテンツを楽しめる「HSPTVブラウザ」などを備えた、 初心者から上級者まで、あらゆる場面で幅広く使うことのできる統合的な開発環境となっています。

HSP3.5から、新しくLinuxのGUI環境(X Window System)及びRaspberry Pi(Raspbian Jessie)で動作するバージョンが提供されています。 HSP3 for Linux/Raspberry Piは、簡易スクリプトエディタとHSP3Dish/HGIMG4実行環境を含む プレビュー版として別なパッケージで公開されており、今後さらに機能が追加される予定です。 詳しくは、以下のページをご覧ください。 最新版の入手及び、インストール方法についても説明されています。

HSP3 for Linux/Raspberry Pi

http://hsp.tv/make/hsp3linux_pi.html

インストール

HSP3.5フルセットは、インストーラー付きのバージョンと圧縮ファイル版が用意されています。 インストーラーを起動するか、または任意のディレクトリにhsp34フォルダを解凍する ことで使用できるようになります。(推奨ディレクトリは、「c:\hsp34」です)

HSP3.5以前のバージョンが既にインストールされている場合は、以前のものをアンインストール してから、新しいバージョンをインストールすることを推奨します。 ただし、HSP3.5のインストーラーは、インストール先のフォルダ以外にファイルの追加を行ないませんので、 以前のバージョンと競合することはありません。(過去のバージョンと同時に利用することも可能です。)

Windows 2000以降(XP、Vista、7、8、8.1、10等)では、HSP3.5のインストールフォルダに書き込み権限が必要になります。 インストーラーのデフォルトディレクトリ(/HSP35)にインストールを行なった場合なども、 管理者権限を持ったユーザーで実行するようにしてください。

Windows Vista以降をお使いの方は、User Account Control (UAC) の機能により、 インストールの際に管理者権限を要求されることがあります。 この時は、管理者権限で処理を続行して頂くようお願い致します。

アンインストール

インストーラーによりHSPのインストールを行なった場合は、付属のアンインストーラーによりプログラムの削除が可能です。 手動でインストールを行なった場合は、フォルダをまとめて削除することでアンインストールすることができます。

Windows Vista以降のOSで、Program Files以下にHSPがインストールされている場合は、 HSPTVブラウザやドキュメントビューアーの追加データが、バーチャルストアに残される可能性があります。 以下のデータを合わせて削除することで、追加のファイルを含めたアンインストールを行なうことができます。

		C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Hot Soup Processor 
		C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\VirtualStore 以下のHSPインストールフォルダ			

標準のスクリプトエディタは、標準で以下のレジストリに設定を保存します。必要な場合は、こちらの削除も行なってください。

		HKEY_CURRENT_USER\Software\OnionSoftware\hsed3_3
			

デモンストレーション

まず、「スタートメニュー」のプログラムグループから「Hot Soup Processor 3.5」→「サンプルデモ」 を起動させてみてください。HSPのサンプルデモが始まります。 (メニュー登録されていない場合は、展開されたディレクトリにある、HSP3DEMO.EXEを起動させてみてください。)

このデモは実際にHSPを使って動作しています。メニューから項目を選択することで、 色々なデモンストレーションを見ることができます。

また、「スタートメニュー」のプログラムグループから「Hot Soup Processor 3.5」→「HSPアシスタント」 を選択することで。HSPサンプルスクリプトを閲覧するための「HSPアシスタント」が起動します。 「HSPアシスタント」で、「Sample」のボタンを押してからファイルを選択するだけで、 すぐに実行・閲覧することができます。

HSP3.4からの変更点

HSP3.5では、上位互換となる形で機能の修正と追加を行なっています。 HSP3.4で動作していたスクリプトは、ほとんどの場合、修正することなくHSP3.5で動作させることができます。 詳しくは、アップデートガイドを参照してください。

HSP2からの変更点

HSP3は、以前までの仕様とプログラムを大幅に見直し、再構築したHSPの最新バージョンです。 ver2.61までに培われた親しみやすさ、習得のしやすさ、シンプルさといった資産を継承しながら、 より幅広い応用と汎用性を持たせた環境を提供すべく開発されています。

以前のバージョンからの変更点や移行のための手順は、 アップデートガイドを参照してください。

スクリプトエディタ

HSPスクリプトエディタ(HSED3.EXE)は、HSPのスクリプトを手軽に編集、実行 することができる専用のテキストエディタです。 余計な準備をすることなく、直接スクリプトを書いてF5キーを押すだけで実行させることができます。

キーワードのヘルプ参照(F1キー)や、かんたん入力などの支援機能も豊富に搭載されています。

スクリプトエディタの使用方法、スクリプトの詳細については、 プログラミングマニュアルをお読み下さい。

HSPアシスタント

HSPアシスタントにより、命令の検索、サンプルスクリプトの参照、ネットワーク素材取得などを行なうことができます。

「スタートメニュー」のプログラムグループから「Hot Soup Processor 3.5」→「HSPアシスタント」 を選択することで、HSPアシスタントが起動されます。 (メニュー登録されていない場合は、展開されたディレクトリにある、HSPAT.EXEを起動させてみてください。)

HSPアシスタントについての詳細は、別途マニュアル(hspat.htm)を参照してください。

HSPTVブラウザ

HSPTVブラウザ スクリーンショット

HSPTVブラウザを使用することにより、オンライン上のHSP情報、最新ソフトウェアを手軽に ダウンロードして楽しむことができます。

「スタートメニュー」のプログラムグループから「Hot Soup Processor 3.5」→「HSPTVブラウザ」 を選択することで、HSPTVブラウザが起動されます。 (メニュー登録されていない場合は、展開されたディレクトリにある、HSPTV.EXEを起動させてみてください。)

HSPTVブラウザは、ネットワークに接続して自動的に最新の情報へ更新します。 必ずネットワークへの接続と、設定の確認を行なってください。

HSPTVブラウザについての詳細は、別途マニュアル(hsptv.htm)を参照してください。

HSP Document Library(HDL)

HSP Document Library (HDL) は、HSP のドキュメントをすべてまとめて 検索・閲覧 するためのブラウザです。 従来のヘルプブラウザに替わって使用することができるドキュメントのビューアーです。 HSP Document Library (HDL) により、HSPのヘルプだけでなくドキュメント及びサンプルスクリプトも含めた 統合的な検索とシームレスなリンクが行なわれ、スクリプトの開発効率を高めます。

「スタートメニュー」のプログラムグループから「Hot Soup Processor 3.5」→「ドキュメントブラウザ」 を選択することで起動されます。 (メニュー登録されていない場合は、展開されたディレクトリにある、HDL.EXEを起動させてください。)

HSP Document Libraryについての詳細は、別途マニュアル(hdl_usage.htm)を参照してください。

HSPのサポート

このソフトはインターネット上のホームページでサポートを行なっています。 公式ページは、以下のURLです。 HSPについての最新情報、サンプル、掲示板、FAQをはじめ多くの情報が得られます。 是非アクセスしてみてください。

HSPTV(HSPに関する情報、ユーザー支援など)

http://hsp.tv/

HSP関連書籍ページ(書店で入手できる参考書の紹介)

http://hsp.tv/make/hspbook.html

ONION software(HSP開発元)

http://www.onionsoft.net/

HSPについてのご意見、不具合の情報、要望などいつでもお待ちしています。 電子メールはなるべくインターネットで以下のアドレスまでどうぞ。

頂いたメールには、すべて目を通しておりますが、返信や、要望の反映などについては 作者がすぐに対応できないこともありますので、予めご了承下さい。

HSPについての一般的な質問や、スクリプトの作り方に関するご質問は、 ネット上のFAQや、書籍などでも情報を提供していますので、まず調べてみることをお勧め致します。

e-mail :
hsp@onionsoft.net

最新版の提供について

開発中の最新β版は、随時OneDriveでも公開されています。 「ダウンロード」から全体のアーカイブを取得可能です。
β版は、新規の機能や修正を検証するためのテストバージョンです。思わぬ不具合の可能性もあることをご了承下さい。 不具合が起こる場合や、動作が安定しない時は、以前のバージョンに戻して使用することを推奨します。

HSPβ版(OneDrive)

https://onedrive.live.com/embed?cid=EC425522ED849DA7&resid=EC425522ED849DA7%211229&authkey=AB-pNztAqBp6BcU

今後の予定

より手軽に、アイデアを短時間で形にできる環境を目指して、今後もHSP3の開発は続けられます。
多くの要望と不具合の報告を頂いたものの中から、実装できるものを順次取り入れていきたいと考えています。 今後の予定と、将来の検討事項などは以下の通りです。

HSP3.6

HSP3.5で導入できなかった機能については、引き続きアップデート版を更新していきます。 今後導入する予定として検討されている機能は、以下の通りです。(この順番で行われるということではありません。)

  • packfileの刷新、暗号化機能の見直し
  • HSPスクリプトエディタの修正と入力・デバッグ支援の拡充
  • Windows版HSP3Dish、hsp3mt、HGIMG4、x64ランタイムのUTF-8化
  • モジュール機能の整理と拡充
  • HSP描画バッファの32bit対応と高速化
  • ネット接続を利用したコードや素材の共有、コミュニティの支援
  • HSP4

    HSP2が登場したのが1997年、HSP3はその8年後になりますが、時代の変化とともに次の世代に繋げることができればと考えています。 プログラミングに求められている状況も変わってきています。HSPの手軽さを継承した上で、ある程度互換性をカットして使いやすいものを、この先ロードマップとして発表していければと思っています。
    現在検討しているのは、完全なUTF-8、64bit対応、コード自動解析と学習機能、VMの刷新(llvmなど)、ネイティブコンパイル(JIT)などになります。

    HSPユーザーコミュニティ

    HSPユーザー同士の意見や情報の交換、サポートなども活発に行なわれています。 HSP公式ページにある、関連リンクで多くのホームページを紹介しています。 また、以下のページでも色々な情報が提供されています。

    HSPセンター(初心者向けの各種情報、講座など)

    http://hspcenter.com

    hsp-devメーリングリスト(HSP周辺ツール開発協力者のためのメーリングリスト)

    http://chatblanc.net/hsp-users/hsp-dev/

    HSPバグトラック (不具合の報告、進捗のチェックなど)

    http://dev.onionsoft.net/mantis/

    HSPWiKi(誰でも書き込めるHSPに関するWiKi)

    http://quasiquote.org/hspwiki/

    HSP開発WiKi

    https://wiki.hsp.moe/

    HSPによって作られたソフトウェアのライセンスについて

    ユーザーがHSPを使って作成したオリジナルのソフトウェア(実行ファイル)の権利は、 それを作成したユーザーに属します。

    ユーザーがHSPを使って作成したオリジナルのソフトウェア(実行ファイル)は、 自由に通信、即売会、店頭などで展示、配布、販売をしてかまいません。また、ライセンス料は必要ありません。 (商用、非商用、同人ソフトを問わず、どのような形態での使用も可能です。 ただし、違法な行為には使用しないでください。)

    HSPによって生成された実行ファイル以外のファイルを添付、複製、改編する場合は、 「著作権、ライセンスについて」の条件に従ってください。

    ユーザーが作成したソフトウェアには、onion softwareの著作権表示も、HSPを使っている旨を表示する義務も ありません。 オリジナルのソフトウェアに対してonion softwareが著作権を主張することはありません。

    HSPを使用して作られた2次的な開発システム(ゲーム作成システム等)に関しても、 そのシステムを作った作者の責任において運用して下さい。

    製作したソフトウェアを商用として運用することを検討されている方で、有償によるサポートをご希望の方は メールにてinfo@hsp.tvまでご連絡下さい。詳細をご案内させていただきます。

    HSP3.5フルセットは、「HSP開発システム」と「追加コンポーネント」で構成された複合パッケージとなっています。 HSP開発システムは、開発の中心となる要素で以下の項目を指します。

    HSP開発システムに含まれるファイルは、BSDライセンスのもと自由に添付・複製・改編・再配布することが できます。その際にはHSPのライセンス表記(hsplicense.txt)を明示するようにしてください。

    (HSPを使って作られた実行ファイルでは、このライセンスは適用されません。 あくまでも、HSP開発システムに含まれるファイルをそのまま公開する場合に適用されます。 ユーザーが作成したオリジナルのソフトウェアに関するライセンスについては、 「HSPによって作られたソフトウェアのライセンスについて」の項目を参照してください。)

    (ライセンス表記の明示は、配布物の中にhsplicense.txtを含めるか、またはドキュメント内に hsplicense.txtと同じ内容を含めるようにしてください。企業内や学校内などでの利用は 無償として扱って頂いて構いません。)

    HSP開発システムは、基本的に無保証で提供されますが、商利用に関するサポートなどは、 onion software(onitama@onionsoft.net)までメールにて連絡を頂ければ、 検討させていただきます。

    HSP開発システムの著作権はonion softwareにあります。 onion softwareは本プログラムによって生じた、いかなる損害についても保証いたしません。 自己の責任の範囲で使用してください。

    追加コンポーネントは、開発の補助と利便性を高める要素で以下の項目を指します。 追加コンポーネントの著作権とライセンスは、それぞれ権利者が異なります。 詳しくは、それぞれのドキュメントを参照してください。

    以下に示された追加コンポーネントは、onion softwareが著作権を保有していますが、 BSDライセンスのもと自由に添付、複製、改編、再配布することができます。 再配布は、有償・無償を問わず行なうことができ、onion softwareの著作権表示義務もありません。 以下の追加コンポーネントとともに配布されたオリジナルのソフトウェアに対して onion softwareが著作権を主張することはありません。

    以下に示されたファイルは、HSPフルセットに限って配布を許可されているものです。 単体での複製、改編、再配布は許可していませんので、ご注意ください。

    言語仕様の管理について

    HSP2、HSP3を含むHot Soup Processor(ホットスーププロセッサー)の言語仕様は、 Onion Software/onitamaが保守管理を行なっています。

    HSPの言語仕様変更や、改編の要望については開発者向けのコミュニティや掲示板、 HSP3 WishList、HSP Wiki等で受け付け、検討を行なっています。

    HSPのインタプリタコード生成、実行などの中核を担う処理系は、OpenHSPとして オープンソースにより公開されています。 HSP3に関するソースをオープンな仕様で公開することにより、さらに多くの環境への対応と信頼性、 メンテナンス性の向上を目指したいと考えています。

    OpenHSP Development

    http://www.onionsoft.net/hsp/openhsp/

    OpenHSPプロジェクト・ポータル

    http://dev.onionsoft.net/trac/wiki

    教育用途の使用について

    onion softwareでは、HSPを通じたIT基礎教育利用を提案しながら、普及のための活動を続けています。

    小学校、中学校、および高校の授業、クラブ活動などにも是非ご活用ください。 HSP本体はもちろん無償で利用することが可能で、付属するマニュアル、ドキュメント、 ヘルプデータなどの文章も自由に引用、改編、再配布をすることができます。 また、国内では多くの参考書籍も発売されており、独学する場合も数多くの情報を入手可能です。

    既に、一部のコンピューター教室で講義が行なわれ、経済産業省が支援する「ITクラフトマンシップ・プロジェクト」 でも、 HSPを使用した教育が実践されました。

    HSPは、入門者、初心者向けとして多くの利点があると考えています。 入門者、初心者は、何より楽しく学んでいける環境作りが必要と考え、絵が動く、音が出る、 反応するなど、興味を失なうことなく継続して学習することのできる要素を重視しています。

    以下のページでは、教育用途についての情報を提供しています。

    HSP学校関係者向け情報ページ

    http://www.onionsoft.net/hsp/education/index.html

    HSP school center(学校関係者用ページ)

    http://www.hspcenter.com/school/index.html

    作者より

    HSPは他の言語と特に互換性があるわけでもないですし(ほとんどBASICですが)、 新しい言語体系をしているわけでもありません。

    HSPが目指したものは、オールドスタイルなパソコンのシステムです。

    昔のパソコンは現在のものと比べてメモリもCPUスピードも圧倒的に貧弱ですが、 スイッチを入れてすぐに使えるようになったし、BASICでRUNと打てばすぐに結果を見ることができました。 そんな手軽で気楽なシステムが現在のパソコンでは失われていっているような気がします。

    ここには、オブジェクト指向など先端の言語仕様はありませんが、 思った順番に書いてもいい気軽さがあります。 そして、小規模な開発や初心者のプログラミング学習には、それもまた一つの道かなと思います。

    HSPは決して万能なシステムではありません。もっと高度なことや大規模な開発をインタプリタでするのであれば、 C++やVisualBasic、Javaといった言語の方が向いているでしょう。 そんな高級な言語を使うまでもないちょっとした処理に、HSPが小回りをきかせられたらいいなぁ…と思うのです。

    (おにたま)

    謝辞

    HSP3及びHSPTVデザインワークは、Senchaさん、ゆめゆめゆうかさんに作成して頂きました。

    HSPスクリプトエディタ(hsed3.exe)は、Lonely Wolfさん、Shark++さんのご協力により作成されています。

    HSPスクリプトエディタ(hsed3.exe)の、エディタエンジンとしてHyperPageProjectさんのFootyライブラリを使用しています。

    COMオブジェクトの呼び出し及びイベント処理は、ちょくとさんに協力頂きソースの作成を行なっています。

    HSP Document Library及び、d3module,Artlet2D,SQLeleはS.Programsさんが製作されたものを同梱させていただきました。

    hsp3dish.js(Emscripten版)は、zakkiさん、K-sさんが製作されたものをベースに実装させていただきました。

    HSPLetは、山田 雄己(Yuki)さんが製作されたものをご提供いただきました。

    HSPUSBIOプラグインは、K-K(瓶詰堂)さんが製作されたものを同梱させていただきました。

    USBIO操作DLL、hidmon.dllは、irukaさん・senshuさんが作成し公開されているものを同梱させていただきました。

    llmod3モジュールは、tomさん、芝やんさんが開発したものを使用させて頂きました。

    mod_regexpモジュールは、monolithさんが開発したものを使用させて頂きました。

    switch関連の標準マクロは、USKさん、NGND001さんが作成したものを使用させていただきました。

    標準マクロ、_continue および _breakは、testさんが作成したものを使用させていただきました。

    命令ヘルプ、ドキュメントの作成にあたり、yoshisさん、nakaさん、JETさん、ellerさんにご協力いただきました。

    WIN32API関連の定義ファイル(advapi32.as,comctl32.as,comdlg32.as,gdi32.as,kernel32.as,shell32.as, user32.as,winmm.as)は、さくらさんが製作されたものを同梱させていただきました。 さくらさん(HSP-NEXT)のページでは、この他にもHSP3用の資料やTIPSなど役に立つ情報が多数掲載されています。

    cgi関連のサンプル及びヘッダは、悠黒 喧史さんが製作されたものを同梱させていただきました。

    tomさんにloadlib/llmod関連やWIN32APIについて参考になる助言を頂きました。

    数学関連マクロ(hspmath.as)は、HSPWiKiにて公開されているものを同梱させて頂きました。

    HSP3ユーティリティマクロ(hsp3util.as)は、HSPWiKi及び、ぷまさんが作成したものを同梱させて頂きました。

    arueさんにHGIMG3、及びドキュメントについて助言を頂きました。また、HSP3スクリプト用アイコン(hspscr_icon)を作成して頂きました。

    デバッグウインドウのコールスタック表示などは、mjhd_otsukaさんが開発したものを使用させて頂きました。

    hsp3utf及びmodclbk3.hspは、tds12さんが作成し公開されているものをベースに同梱させていただきました。

    Linux版hsp3及びスクリプトエディタは、K-K(瓶詰堂)さんが作成し公開されているものをベースに実装させていただきました。

    iconinsツールは、Kpanさん、Tetr@podさん、inoviaさんが作成し公開されているものを同梱させていただきました。

    OpenHSPで多くの修正及び助言を頂いた皆様、特にfujidigさん、Shark++さん、naznyarkさん、tds12さん、ue_daiさん、kurogomaさん、inoviaさんに感謝致します。

    その他、HSP周辺ツール開発者ML(HSPDev-ML)の皆様及び、β版のテスト報告や、 ご意見をお寄せいただいた多くの方々に感謝致します。

    ちょくと さん

    http://chokuto.ifdef.jp/

    S.Programs NET (S.Programsさん)

    http://sprocket.babyblue.jp/

    HSPセンター

    http://hspcenter.com/

    悠黒 喧史 さん

    http://www.geocities.jp/tko_soft/

    HSP-NEXT (さくら さん)

    http://hspnext.com/

    fujidigさん

    http://fujidig.hatenablog.com/

    Shark++さん

    http://www.sharkpp.net/

    K-K(瓶詰堂)さん

    http://www.binzume.net/

    Crystal light stage (arueさん)

    http://hp.vector.co.jp/authors/VA029904/

    zakkiさん

    http://peppermint.jp/

    tds12さん

    https://twitter.com/lltds12

    mjhd_otsukaさん

    https://twitter.com/mjhd_devlion

    HSP部屋

    http://hsproom.me/

    ue_daiさん

    http://prograpark.ninja-web.net/

    Let's HSP!

    http://lhsp.s206.xrea.com/

    inoviaさん

    http://hsp.moe/

    ONION software